Elon Musk


Elon Musk(イーロン マスク)
Chairman, Product Architect and CEO

 

マスクはテスラの創業者の1人であり、メインストリームの消費者層に手の届く電気自動車のデザイン、設計および製造を含む、製品戦略の責任者です。会長であり、製品設計の責任者として、画期的なテスラ ロードスターのデザインに貢献し、インデックス賞(INDEX Award)とグローバルグリーン賞(Global Green Award、ミハイル ゴルバチョフにより贈呈)を受賞しました。2008年10月、テスラがロードスターの生産数を伸ばし、第2の自動車となるモデルSの開発を加速する中、最高経営責任者に就任しました。

2009年にマスクはテスラの地域販売サービスセンターを2大陸に渡りオープンし、ドイツのダイムラーから5千万ドルの出資を受け、戦略的提携を結びました。2009年7月のテスラの黒字化を可能にしたコスト削減プログラムを指揮し、カルフォルニア北部のテスラ工場で製造しているファミリーセダン電気自動車、モデルSの開発指導も行っています。テスラ工場では約1,000人の従業員を雇用します。

マスクは20年も前から電気自動車に魅了され続けています。ペンシルバニア大学で物理学とビジネスの学位を取得後、短期間シリコンバレーのピナクルリサーチ(Pinnacle Research)でウルトラキャパシター(電気二重層コンデンサー)の研究を行ない、電気自動車のエネルギー貯蔵メカニズムとしての可能性を見出しました。その後スタンフォード大学院で材質科学と応用物理学の研究を行う予定でしたが、インターネット会社ジップ2(Zip2)およびペイパル(PayPal)設立のため断念しました。マスクはテスラでの責務の他、スペースエックス(SpaceX)の最高経営責任者兼 最高技術責任者、また、ソーラーシティー(SolarCity)の会長を務めます。

太陽光発電への寄付 - 2011

2011年7月、マスクは、慈善団体であるマスク財団(Musk Foundation)を通じ、相馬市の太陽光発電プロジェクトの資金として25万ドルを寄付しました。福島県にある相馬市は、3月に日本を襲った地震と津波による壊滅的な被害を受け、福島第一原子力発電所付近からの放射性降下物の進路に位置しています。 太陽光発電プロジェクトは、復興の努力が続く中、地域に切望されている低コストのクリーン電力をもたらすために役立ちます。

Elon Musk(イーロン マスク)のビデオインタビュー

Charlie Rose
Bloomberg
Risk Takers
Bloomberg West
The Big Interview
Bloomberg
Colbert Report
TechCrunchTV

 


X Deutschland Site Besuchen