テスラのミッションは、世界の持続可能な輸送手段へのシフトを加速することです。

テスラモーターズ は、電気自動車がガソリン車を超えられることを証明したいと願ったシリコンバレーのエンジニア数名により、2003年に設立されました。テスラ車は、瞬時に得られるトルク、絶大なパワー、ゼロエミッションを誇る妥協のない車です。世代が新しくなる度に車の価格は下がり、世界の持続可能な輸送手段へのシフトを加速するという、テスラのミッションの達成に近づきます。

テスラのエンジニアは初め、社名の由来となった発明家のニコラ テスラが1888年に特許を取得した交流誘導電動機を中心としたスポーツカーのパワートレインを設計しました。そこから生まれたテスラ ロードスターは、2008年に発売されました。3.9秒で時速100 kmまで加速し、搭載されたリチウムイオン バッテリー1回の充電で394 kmの航続距離を誇るロードスターは、EVの新基準を確立しました。テスラは2,400台以上のロードスターを30カ国以上の国々で販売しました。

テスラは2012年に、世界初のプレミアムEVセダンであるModel Sを発売しました。100%電気自動車となるようゼロから開発されたModel Sは、4ドア自動車のすべてのコンセプトを覆しました。7人が乗れるスペースと、1,800リッターを超える荷室容量を持つModel Sは、ファミリーセダンの快適さと利便性、そして約5秒で時速100 kmまで加速するというスーパーカー並の加速力を併せ持ちます。完全にフラットなバッテリーパックはシャーシと一体化し、乗車スペースの下に位置するため、車の重心が下がり、卓越したロードホールディングとハンドリングを可能にします。さらに1回の充電で502 kmの航続距離を誇ります。Model SはMoter Trend誌の2013 Car of the Yearに選ばれ、米国家道路交通安全局による安全性試験で5つ星評価を獲得しています。

2014年後半、テスラのCEOイーロン マスクは、Model Sのハンドリングとパフォーマンスを更に向上させる、2種類のデュアルモーター4輪駆動モデルを発表しました。85Dはフロントとリアに高効率モーターを採用し、いかなる状況下でもトラクションを完璧にコントロールします。P85Dは高効率フロントモーターと高性能リアモーターを組み合わせることで、3.4秒で時速100 kmまで加速するというスーパーカーの加速力を実現しました。4ドアの市販車では史上最速の車です。

世界中で50,000台以上の自動車を販売したテスラは現在、2015年に量産開始を予定しているクロスオーバー車、Model Xの発売のための準備を整えています。爽快な加速力、ファルコンウィングドア、そして3列シートのスペースを併せ持つModel Xは、カテゴリーの枠に収まりません。

テスラオーナーは車を自宅で充電できるため、ガソリンスタンドへ行く必要もなければ、ガソリンに1銭足りとも使う必要もありません。長距離ドライブでは、便利な高速充電を無料で提供するスーパーチャージャー ネットワークを利用できます。スーパーチャージャーは最速20分でバッテリーを半分まで充電します。スーパーチャージャーは現在、北米、ヨーロッパ、そしてアジア太平洋地域の人気のルートを繋いでいます。

テスラの自動車はカリフォルニア州フリーモントにある工場で生産されます。この工場は以前、トヨタとゼネラルモーターズの合弁会社NUMMIが使用していました。テスラファクトリーはこの地域で数千もの職を創出しました。この工場では毎週1,000台の車を生産することができます。

テスラは組立工場があるオランダのティルブルフや特殊生産工場があるカリフォルニア州のラスロップなどの地域でも生産拠点を拡大しています。リチウムイオン バッテリーパックのコストを削減するため、テスラと、パナソニックを含む主要な戦略的提携企業は、ネバダ州でギガファクトリーの建設を始めました。この工場により大衆市場向け電気自動車Model 3の生産が促進されます。ギガファクトリーでは2020年までに、2013年に世界全体で作られたリチウムイオンセルの合計を超える数のセルを生産する予定です。またギガファクトリーでは、電力グリッドの堅牢性を向上し、企業や住民のエネルギー コストを削減し、バックアップ電源を提供するために、電力貯蔵用バッテリーパックの生産も行います。

テスラはただの自動車メーカーではありません。エネルギー イノベーションに力を注ぐ、テクノロジー会社であり、デザイン会社でもあります。

プレスセンター

北米
ヨーロッパ
アジアパシフィック