カスタマーストーリー


お客様の写真

幼いころからクルマが大好き。兄もクルマが好きで、86(ハチロク)のトレノ、AE86(エーイーハチロク)と呼ばれる日本を代表するライトウエイトスポーツ、その友人たちも GT-R など国産スポーツカー好きばかり。僕も 86 を最初のクルマとして選びました。

エンジンは非力でしたがボディが軽く、アクセルに対するレスポンスがいい。おまけにコンパクトですから手に取るようにボディ感覚が分かる。そう、車自体がオーダーメイドの服のようにピタリと体にフィットする。すべてが手の内にあり、自分の技量でコントロール出来る楽しさは、スポーツカー本来の醍醐味。コーナーを踏みっぱなしでクリアしていく快感は何ものにも代え難いし、そんな車、他にはなかった。

86 で車の走りの楽しさを知ってからは国産スポーツカーでレースを楽しみました。トヨタMR-2 ではドリフトだけではなく、ドラッグレースにも出場していました。その次に買った三菱のランサー・エボリューション VIII や IX では雪上、その次に買った RX-7 (FD) はサーキット専用とレース三昧ですね。車の持つポテンシャルを自らのテクニックで可能な限り引き出す楽しさ。その後、国産スポーツカーに魅力を感じなくなって、輸入車を購入しました。アストンマーチン、マセラティ、BMW と悩み、結局 BMW の M5(E60)を購入しました。その圧倒的なパワーには少々、手こずりましたがこのクルマも“操る快感”に溢れていました。

そんなある日、ニュースでテスラを知って、試乗しました。いや~、衝撃でした。それまで何台ものチューニングカーに乗ってきて、強烈な加速感には慣れていたつもりでしたが、テスラの加速は、そのいずれの感覚とも違いました。例えば M5 などはテスラの加速になるまで一呼吸、タイムラグがあるんです。それがテスラの加速感はアクセルを踏み込んだ瞬間に始まる。最初から最後まで痛快で強烈な加速感を伴ってぐんぐん速度が上がるんです。逆に言うとガソリンエンジンはある程度、回さないとその感覚が味わえないのですが、テスラはどんな速度域でも加速する気持ちよさや楽しさがあるんです。シーンを選ばずに痛快感

や気持ちよさを味わう。これ、癖になります。未体験の加速感とライトウエイトの楽しさのコンビネーションは一度味わうと、ホント離れられないですね。

そしていままでのチューニングカーにはなかった楽しみも発見しました。圧倒的な航続距離ですが、充電のことを考えると“ただただ飛ばすだけ”と言う乗り方ばかりは出来ない。アクセルワークに気を遣いながら長距離を走ることさえ、最近では気持ちよくなってきたんですよ。そう、効率よく走れば走行距離はドンドン伸びていく。スポーツカーとしての走りだけではなく、同時に世界最高の EV の可能性を探りながら走る楽しさ。

そんなテスラの魅力に填ったお陰で、実はモデルSも予約しました。ロードスターとモデルS の 2 台所有で行きたい。楽しみのためのロードスターに実用も備えたサルーンのモデルS が加われば EV だけでも僕のカーライフは充実したものになる。もちろん、いままで 「自分だけ楽しんで!」と言っていた家族たちも納得させられますね。


X Deutschland Site Besuchen