Customer Stories


60 kWhのモデルSでアメリカ全土を横断する

Ethan Weinstein
2014年2月28日

テスラが現在提供する最小のバッテリーを備えたモデルS 60は、テスラのラインナップの基本モデルです。$63,070 (スーパーチャージが可能な構成、カリフォルニア州在住) で、無償の長距離旅行を生涯楽しむことができます。 HOVおよびHOT (1人乗りの場合)の料金を追加すれば、米国で通勤時間のもっとも長いエリアを妥当な速度で走行できます。

また、私の住む町では、"サンタモニカ共和国" (ふざけてこう呼ぶ人がいます) に住む特権として、無料のパーキングメーターも用意されています。

ただし、ここで紹介するのは、あるドラマについてです。誰もが読んだり見たりしたがるような、車が燃えて、道路脇に止まってしまい、災難に悪戦苦闘する。そんな内容を期待しているのなら、ブラウザを閉じて、すぐに私のツイートをブロックし、友人申請を解除してください。

これはアメリカ全土を往復で横断する、すべての人についてのストーリーです。ガソリン車でこうした旅行を検討するなら、あなたについてのストーリーでもあります。ほとんどの人はアメリカ全土を横断することなど、1度もありません。Googleで実際のパーセンテージを調べようかと思いましたが、それは各自で行っていただくことにします。皆さんがそうしたければの話ですが、私は調べたくはありません。

運転が好きなら、モデルSに匹敵する車はありません。私は2013年8月の納車から14,000マイルを走行しました。

アメリカ全土を横断することは、普通ではありません。ICEやEVなど、優れたシティカーは長距離では不利になります。ホースは焼き付きを起こし、ベルトは切れてしまいます。一番困るのは、燃料切れです。純粋なEVの登場以来、航続距離という言葉は禁句でした。 その点で、モデルS 60 kWhは違います。208マイルの航続距離を持ち、注意して運転すれば、さらに距離を延ばすことができます。このことについては後で触れることにします。結論を急ぐのは止めましょう。まずは、ルートを紹介します。ホーソンのスーパーチャージャーとバージニアビーチの往復です。

85kWhバージョン (航続距離は265マイル) のほとんどのオーナーが、この距離を走破しています。オーナーたちは走破可能な距離であることを理解しています。少なくとも、2回はこの距離が走破されています。1度はある親子がニューヨークからロサンゼルスまで、数日後にテスラモーターズチームが実現しています。

この旅では、速度や充電など、何の記録も達成しません。少し居眠りすらしてしまうでしょう。ですが、EVやスーパーチャージャーのネットワークがどのように機能するかを知りたいと思うなら、そして、過度に不精でも、どのようにしてアメリカ全土を横断する約4日間の旅を無料で走破できるのかを知りたいと思うなら、その価値はあります。

私の旅には目的がありますが、飛行機で簡単に移動することもできます。人に何かを教えようというのではありません。ただ世話好きなのです。

この旅はほかのロードトリップと変わりはありません。また、テスラについて話す際の航続距離に関する懸念に終止符を打つものでもあります。テスラが以後、私の車よりも航続距離が短い車を作ることはないためです。私はこの旅に失敗するかもしれません。車と自身の力を信じるしかありません。来週にかけて最新情報を投稿します。また、できるだけ多くの質問に回答したいと思います。

Ethan Weinstein


X Deutschland Site Besuchen