電気自動車を知る - 電気自動車を運転するメリット 電気自動車を知るDrive Quickly. Tread Lightly. ビデオを見る

テスラ車は究極のコントロール、優れたハンドリング、最高の快適さを提供します。エネルギーを効率良く使い、環境を汚染せず、ガソリンに依存した社会の改善に貢献します。

テスラ車は、石油の消費とそれに伴う不便さからドライバーを解放します。無駄に時間と燃料を費やしてガソリンスタンドへ行き、定期的にオイルチェンジをし、頻繁に整備をしなければならいことは、すぐに「前時代」のものとなります。ロードスターを仕事、用事やドライブに 1 日中乗り回した後は、家に帰ってプラグを差し込むだけです。車が静かに充電される間、ゆっくりと夜の時間を楽しみ、朝起きた時にはフル充電された車がスタンバイしています。

テスラの優れた電気技術はドライバーのためだけに設計、構築されています。単速ギアボックスにより、瞬時に加速するためのクラッチ操作は必要ありません。回生ブレーキのおかげでアクセルの踏み込みの調整だけで思い通りのスピードに調節できます。テスラのアプローチは、二酸化炭素排出量を抑えるためにはパフォーマンスを犠牲にしなくてはならないと考えているすべての人々に疑問を投げかけます。

なぜ車はガソリンを燃やす必要があるのでしょう?

テスラ・ロードスターは楽しく運転できるだけの車ではありません。どんなスポーツカーよりも効率の良い技術で、電気だけで爽快に走ります。ガソリンに依存したエンジンでは、絶対にテスラの電気式パワートレインの効率を超えることはできません。従来のガソリン車の運転効率が 20~25% に対し、ロードスターの運転効率は 88% です。より少ないエネルギーを消費するテスラ車が、ガソリンを大量に消費する同クラスのスポーツカーをパフォーマンスで凌ぐことは非常に爽快です。ハイブリッド車 (「航続距離延長機能」付きプラグイン・ハイブリッド車を含む) の技術は内燃機関の効率を向上しますが、テスラ・ロードスターのような電気自動車の効率には及びません。

初めて運転した時から効率が良くなっていく自動車はテスラ車の他にはありません。ロードスターは、供給源が天然ガスや石炭の燃焼によるものであろうと、増えつつある太陽光や風力であろうと、グリッド (電気の配管網) から電気を充電します。また、グリッドの供給源がより効率の良い技術に移り変わることで、テスラの自動車の効率は飛躍的に向上します。年を重ねるに連れ効率が悪くなるガソリン車には、逆のことが言えます。さらに、テスラ車は 100% 再生可能エネルギーによる充電が可能で、これは他のスポーツカーではありえません。

効率についてもっと詳しく見る

 

テールパイプはありません

テスラ車はテールパイプからの排気なく、パフォーマンス、ハンドリングと快適さを提供します。アメリカの電力の半分が石炭の燃焼により供給されるとした場合、テスラ車の二酸化炭素排出量は同クラスのガソリン車の半分になります。

グリッドにより効率の良い方法で電力を供給することで、エネルギー生成による総合的な排出量が減少します。多くのテスラ車のオーナーは二酸化炭素排出量をさらに減らすため、家庭用太陽光発電システムを利用し、グリッドに一切頼ること無く充電することで完全なるゼロ・エミッションを実現しています。

石油は限りある資源です。アメリカは世界の全石油量の約 2% を所有していますが、全供給量の 25% をも消費しています。その内の 3 分の 2 近くが輸送セクターにより消費され、需要はさらに上がり続けています。供給が永遠に続くことはありません。石油への依存を抑えることは、排気量を減らすだけでなく、より強力なエネルギー経済の構築につながります。テスラ・ロードスターは、今最も注目されている、石油からの独立を宣言するための近道です。

詳しく見る

EVを運転して受ける恩典

世界中の政策立案者は、電気自動車を環境と国家安全保障政策への影響力の大きな要素であると認識しています。この最新技術を普及させるため、多くの政府が様々な奨励制度を導入しています。世界中のロードスター・オーナーは、ガソリン車を運転する人々が駐車スペースを探しまわったり渋滞に巻き込まれたりしている間、無料パーキングやカープール・レーン (一定の人数以上乗車時にのみ利用できる車線) の恩恵に預かることができます。アメリカではテスラ車を購入する際 $7,500 ($1 = 85 円の場合、約 64 万円) の税額控除が適用され、他の国々でも減税や補助金などの金銭的な奨励制度が導入されています。

インセンティブ

ガソリンの代わりに電気で燃料を補給することは、金銭面でも優れた選択です。電気料金にもよりますが、テスラ・ロードスターをフル充電するのに $5 (約 425 円) しかかからないこともあります。つまり、1 km あたり 1 円程度で走れるということです。比較として、一般的なガソリン車では 1 km を走行するのに 8 円程度かかります。

 

充電

テスラ車を運転する場合、電池が空になってから充電するのではなく「トップオフ」 (使った分だけ補充) するという形の充電方法が一般的になります。1 日の終わりにプラグを差し込むだけで充電が済んでしまいます。充電器は車に搭載されているので、恒久的な特殊設備は必要ありません。どんなコンセントでも使用でき、数時間で充電が完了します。米国環境保護庁によると、平均的なアメリカ人の通勤距離は 1 日約 64 km なので、最大航続距離が 400 km 近いロードスター (モデル S は最大 480 km) で通勤する場合、何日も充電することなく乗り続けることができます。しかしながら、電池が空になるまで充電するのを待つ理由はありません。どこにでもあるコンセントを使えるので、わざわざ給油をしにガソリンスタンドまで行くということもありません。

充電について詳しく見る


X Deutschland Site Besuchen