環境


石油は限り有る資源です

石油は有限の資源であり、価格の沸騰、地政学的な不安定性、超大規模な環境汚染の元となる悩みの種でもあります。現在アメリカの輸送セクターの燃料の 95% は石油で賄われており、これは全世界のエネルギー使用量の 28% 近くを占めます。資源が減る一方で、個人輸送の世界的需要は増え続けています。石油は失われつつある資源であるだけでなく、地球温暖化ガスの大きな排出源でもあります。

幸なことに、輸送手段に使用される石油を減らすことで、石油への依存と排気量を急速に軽減できます。テスラ車はよりクリーンで石油から独立した輸送手段のパラダイムを確立するための重要なピースです。

クリーンエネルギーこそが未来のエネルギー源です

輸送セクターの石油依存の軽減は、電力への依存の増大を意味します。輸送手段にグリッドからの電力を使用することで、エネルギー需要は増大します。この需要には、より効率の良い発電所と再生可能エネルギーの研究を進めることで対応可能です。多くの国は再生可能エネルギーのポートフォリオ強化による化石燃料への依存軽減に最大限努めています。アメリカ合衆国政府は 2020 年までに地球温暖化ガスの排出量を 28% 減らすことを宣言しました。ヨーロッパでは 2020 年までに消費エネルギー量の 20% が再生可能エネルギーにより供給されるでしょう。ドイツ単独でも過去 10 年間で再生可能エネルギーのグリッドへの供給量が 4 倍以上になりました。

一部の人は、電気自動車は単に 1 つの汚染源 (石油) を別の汚染源 (石炭) にすり替えるだけのものだと議論します。アメリカの電気グリッドを例に挙げると、グリッドへのエネルギーの約半分が石炭により供給されているにも関わらず、テスラ車の二酸化炭素排出量は同クラスのガソリン車の半分になります。これはさらに良くすることが可能です。過去 5 年間でアメリカの再生可能エネルギーによる発電量は増加し、逆に石炭による発電量は減少しています。このシフトが進むにつれ、電気自動車はよりエコなものとなります。リフォルニア州では再生可能エネルギーによるグリッド供給量は 13% を占め、石炭による供給量である 12% を超えています。

勇敢なアクション

世界中の多くのテスラ車オーナーは排出量を自らの手で減らす努力をしています。太陽光発電により発生するエネルギーだけを使用し、地球にやさしい生活をする人が増えています。一部の電力会社は再生可能資源により発電されたエネルギーだけを購入する機会を顧客に提供しています。どちらにせよ、ロードスターのオーナーは本当の意味でのゼロエミッション生活を送っています。


X Deutschland Site Besuchen