テクノロジー


Transaxle

Battery Pack

Carbon Fiber

Regenerative Braking

Power Electronics Module

充電口

No Tailpipe

Advanced Software

Chassis

Forget what you know about the automobile

ワールドクラスの加速性、ハンドリング性、デザイン性が揃ったロードスターは、世界で最も欲しがられている自動車ランキングの上位にランクインしています。その性能の右に出るものはありません。

新開発ドライブトレイン

ロードスターは 3相交流誘導電動機により稼働します。小さくも強力なモーターの重量は、たったの 50 kg 程です。モーターに375 ボルトの電圧がかかり、900 アンペアの電流が流れることで磁場が発生します。ドライバーの意のままに最大 288 馬力と 370 N・m のトルクを発揮します。最高時速で走行時のモーター回転数は 14,000 回毎分に達します。

モーターは後軸の上部にある単速ギアボックスに直結しています。単速ギアというシンプルさ故、車体の軽量化が実現し、複雑なシフト操作やクラッチ操作の必要もありません。この完成されたモーターにリバースギアは必要ありません。モーターが逆回転するだけで良いのです。

モーターについて詳しく見る

業界最高のバッテリー

Battery Pack

テスラ・ロードスターのバッテリーパックは、革新的なシステム・エンジニアリングと 20 年間のリチウムイオン電池の進化の賜物です。精巧な構造によりワールドクラスの加速力、安全性、航続距離と信頼性が実現しています。

バッテリーパックは 6,831 個のリチウムイオン・セルにより構成され、56 kWh のエネルギーを蓄積し、業界最高のエネルギー密度を誇ります。/p>

ロードスターは、ほぼすべての 120 または 200 ボルトのコンセントで充電できるように設計されています。ほとんどのロードスター・オーナーは充電された電力を一度に使い切ることはありません。また、夜に充電することで、翌朝には 394 km を走る準備ができます。

バッテリーについて詳しく見る


充電ポート

充電口ロードスターの充電器は車体に搭載されています。つまり、ロードスターは世界中のどこでも、どんなコンセントにも、携帯電話を充電するように差込むことができます。充電時間はコンセントのボルトとアンペア数により異なります。テスラ・ハイパワー・コネクターを使うことで、空の状態から 4 時間でフル充電になりますが、ほとんどのロードスター・オーナーは空になるまで使わず、1 日の終わりに充電して翌朝はフル充電でスタートします。

 

パワーコントロール

パワー・エレクトロニクス・モジュール(PEM)は充電ポート、バッテリー、モーター間を連結します。運転中および充電中に電流を管理、変換します。壁から自動車に交流 (AC) が流れると、パワー・エレクトロニクス・モジュールはバッテリーに蓄電するために直流 (DC) に変換します。 運転中は逆に、モーターがトルクを生み出せるように DC をAC に変換します。モータードライブから室内灯まで、ロードスターで使用されるすべての電子はパワー・エレクトロニクス・モジュールを通ります。駆動中多くの時点のエネルギー効率は 97~98% であり、変換されたエネルギーの内失われるのは 2% 以下です。

パワーコントロールについて詳しく見る

回生ブレーキ

回生ブレーキ・システムはブレーキペダルやブレーキから独立しており、パワー・エレクトロニクス・モジュールにより管理されています。ガソリンエンジン車でいうところのエンジンブレーキやシフトダウンと似ています。電気式パワートレインはスロットルの位置により瞬時に「ドライブモード」 (正トルク) から 「生成モード」 (負トルク) に切り替えます。ロードスターを開発中、テストドライバー達がファームウェア・チームと協力し、安定性と航続距離の最大化のために回生ブレーキの精密な調整を行ないました。より大きな回生トルクを発生させることは可能ですが、トラクションや安定性を損なうことになり得ます。逆に、より小さな回生トルクを発生させる場合は、運転中頻繁に停車する際バッテリーに還元するエネルギーが減少し、航続距離や総合効率の低下につながります。

シリコンバレー流のアプローチ

ロードスターは最先端のソフトウェアにより管理されています。シリコンバレー流に、すばやく、常に改良を重ねることができるようコードは自社で開発しています。管理システムはすべての機関のステータスの監視、動作調整のための情報伝達を行い、外部の環境の変化に対応します。

ファームウェアについて詳しく見る

Quote

カーボンファイバー製ボディー

Carbon Fiber重量に対し抜群の強度を誇るカーボンファイバーを利用することで、鉄を利用する際の約 70% の材料 (質量ベース) で軽量、強靭で安全な車体が完成します。ロードスター以外でもカーボンファイバー製のボディーパネルを持つ高級スポーツカーは存在しますが、ロードスターの価格で購入できるものはありません。


X Deutschland Site Besuchen